中のヒト

FB

アーカイブ

RSS

目が痛い

おとといの夜、やたら目が痛かったのです。まつ毛がささったのかなぁ?とか思いつつもちょっと洗った程度で寝て起きたら、まぶたが上も下も腫れてました。

なんかすごい痛いので、朝イチで目医者さんに行きました。目医者さん曰く、ヘルペスだと思うとゆーコトだったのですが、目医者さんは処方する薬を迷っているみたいです。どーやらポツポツがまだ小さくて、はっきり言い切れないみたいでした。

「なんかすごい痛いんですけどっ!」

とアピールしたら、

「あぁ、ヘルペスは痛いんですよ」

と言われました。ワシが求めているのはアグリーでは無くてソリューションです。コレジャナイ。

じたくけいび さいしゅうび

ながかったじたくけいびはきょうでしゅうりょうです。

えう”ぁんげりをんはおもったとおりかんせいしませんでした。りょうあしのひざからしたと、みぞおちあたりがまだできていません。


ふつーにりびんぐのてーぶるでつくってるので、おひるごはんのときはさばのひものやみそしるといっしょにえう”ぁんげりをんがならびます。とくにしょくよくはしげきされません。これはしょごうきなので、ほんとはむらさきいろなのですが、せんせんしゅうくらいまでてれびにでていたこれにいんすぱいあされたので、こんなかんじのいろみにしています。

よんでるみなさんはたぶんもぉわかっているとおもいますが、「いんすぱいあ」ってかきたかっただけです。


あしたからはしょくばにふっきするのですが、よくかんがえたらきょうははちがつのさいしゅうびでした。もぉびぃるのんでるのに、きょうじゅうにださないとならないしょるいがよっつくらいあることにきづきました。でもきづかないふりをしてあしたにします(わら

じたくけいび ようかめ

あんまりにもひきこもっているぼくをみかねたのか(わら、きんじょのおともだちがのみにさそってくれました。

きのうとおとといはあすかさんのおみまいにもいかず、としょかんにいったくらいだったのでひとこともしゃべらなかったのですが、きょうはのみのじかんからぎゃくさんして、あすかさんのおみまいにもいったので、ふつかはんぶりくらいにひととしゃべりました。

ふつかはんぶりのだいいっせいは、ぶるーとぅーすのきーぼーどまでもちこんでがっつりねっとしていたあすかさんへのつっこみでした。

あすかさんのけいかはじゅんちょうだそーです。とちゅうでかんごしさんがみまわりにきて、「なにかあったらよんでください」といっていたので、「そうぞういじょうにげんきすぎるのですが。」といいそうになりました。

とよすまでもどってきて、おともだちふうふにあいました。てにれじぶくろをもっていたのですが、みたらきんじょにはいっけんしかないくすりやさんのふくろでした。そのくすりやさんは、ついみっかくらいまえにおーぷんしたばっかりの、とよすふぉれしあのなかにあって、「あ、ふぉれしあいったの?」ときいたらあたりでした。ぼくはじゅうがつからしょくばがここになります。いまでもしょくばはとなりのえきなのですが、もぉほんとにこうとうくからでられないことになります。

おともだちふうふとは、とよすえきちかくの、まえはそばやさんだったおみせにいきました。かふぇなんだかのみやなんだかよくわからないおみせで、けーきもこーひーもぽんしゅもまぐろぶつもおいています。きっしゅがおいしかったのですが、かくれいとはあいませんでした。

じたくけいび なのかめ

えーと、きょうはほんきでねたがありません。しかたないのでちょーきせつはずれですが、さいきんはんとしくらいでなんとなくちぇっくしていることをかきます。

1.しばたれんざぶろうのしょうせつ
さっかのなまえをかいてもほとんどわからないとおもいますが、ねむりきょうしろうをかいたひと、といえばわかるかもしれません。でも、ねむりきょうしろうのおはなしをくわしくしっている、というひとは、ぼくとどうねんだいかそれいかのひとには、ほとんどいないとおもいます。

ねむりきょうしろうがひっとうなのですが、ぜんたいてきにすくえない、くらいはなしがおおいです。いまはみやもとむさしをよんでいます。みやもとむさしといえば、よしかわえいじのやつがゆうめいですが、おなじもちーふでも、しばたれんざぶろうのはかなりぐろてすくです。

よしかわえいじ→しばたれんざぶろうのじゅんばんでよむぶんには、ぱられるわーるどでおきたぜんぜんべつのはなし、とかんがえることができるかもしれませんが、ぎゃくはそうとうきっついとおもいます。

しじつのかいしゃくとしてはかなりとりっきーですし、しょうわよんじゅうねんだいにかかれたさくひんなので、いまだとしゅっぱんできないよーなひょうげんもあるのですが、ほねぶとなえんたーていめんとです。

2.こどくのぐるめ
あすかさんにおしえてもらって、びでおにとってみるよーになりました。しゅえん(てかひとりしかでてこない)のくずみまさゆきさんは、

どこにだしてもはずかしくないあくにんがお

ですが、あんなかんじのさらりーまんを、ゆうらくちょうでときどきみます(わら

3.べびーめたる
こないだおぼんのころ、にほんにががさまがきたときはももくろがぜんざでしたが、べびーめたるはががさまのかいがいのぜんざをなんかいかやってたりします。ががさまはにほんでふつかかんこうえんしたので、いちにちはももくろでもういちにちはべびーめたるでもよかったよーなきもしますが、なぜかそーではありませんでした。

ぼくはあんまりとゆーか、ほとんどほかのひととおんがくのはなしをすることはないのですが、むかしからこのみのあーてぃすといがいは、きほんてきにじょせいぼーかるのものばっかりきいています。とりあえずあいぽっどのりすとをみてみると、じょせいぼーかるは、

・ぐろーぶ
・みひまるじーてぃー
・みーしゃ
・ぱふぃー
・れべっか
・てぃーあーるえふ
・あんるいす
・きゃりーぱみゅぱみゅ
・さでぃすてぃっくみかばんど
・ももくろ
・うただひかる
・こうだくみ
・きょんきょん
・ゆーみん
・おーつかあい
・みぽりん
・あきなちゃん
・きむらかえら

じゅうはちにんでした。

だんせいぼーかるは、
・でぃーぷぱーぷる
・ぼうぃー
・えるびす・こすてろ
・ぶるーはーつ
・ゆーつー
・うるふるず
・かみじょうつねひこ(え?
・でんきぐるーう"
・おざききよひこ(えええ?
・ほていともやす

じゅうにんでした。

きゃりーちゃんとかみじょうつねひこがどうきょするあいぽっどをもってるひとってあんまりいないかもしれませんがw

ほかにもはいってるのですが、だんじょこんごうはぶんるいできないのでしょうりゃくです。

えぇと、あぁあれでした、べびーめたるのはなしでしたっけ。まぁ↑のりすとをみればわかりますが、ぼくはあんまりすきなじゃんるとゆーのはなくて、きにいればなんでもきくたいぷなのですが、ぎたーがかっこいいのがおおいのかもしれません。ぼーかるのこえはあっさりめがこのみです。

そーいうわけで、おんなのこのこえでめたるさうんどって、ぼくのこころのきんせんにふれるくみあわせなのかもしれません。でもすぅちゃんのりょうわきのふたりはあんまりかわいいとはおもいません。


じたくけいび むいかめ

ふつかめいらいひさしぶりに、しゅうじつじたくけいびでした。

と、いってもきょうはとくにすることがありません。なのでひたすらえう'ぁんげりをんのぷらもでるをつくっていたのですが。

このぷらもでる、おおきくわけて

1.あたま
2.くびからむねにかけて
3.おなかからこしにかけて
4,5.うで(みぎひだり)
6,7.あし(みぎひだり)
8.てにもつもの
9.そのた

の、だいだいここのつのようそにわかれているのですが、いっこいっこがこまかすぎるのと、さゆうのあるぶひんがどっちがどっちなんだかわかりにくすぎるので、

・あたま
・くび
・こし
・みぎて
・みぎあし

あたりをつくっています。でもあたまとかくびとかだけでじゅっこくらいぶひんがあって、しかもいろちがいのこまかいのがいろいろあるので、

こまかいぶひんをきりだす
いろぬる
くみたてる
くみたてたぶひんをまたべつのぶひんにとりつける
いろぬる

と、ゆーことを、えんえんくりかえさないとつくれないのです。

ぷらもでるなんてにじゅうねんぶりくらいでつくったのですが、

きったぶひんがちいさすぎてみえない

とゆーことがさいだいのもんだいだとわかりました。