中のヒト

FB

アーカイブ

RSS

NY 〜初めての英語圏〜

段取り
今回で5回目の海外。それまでの4回は、台湾、イタリアそして上海2回と何故か英語圏の国には縁が無かった。その理由は、
  • 大概の英語圏の国は、言葉が英語なだけで日本と大して変わらねーぢゃねーか

  • アメリカとかイギリスとかって食い物ウマくないって言うし

  • と、その程度。ヨシムラさんが育ったトコロは神奈川県の座間市とゆートコロなのだけど、ココは米軍施設が多くあって普段から外人は見かけるし、英語も割りと耳にする。多分、六本木辺りと同じ程度には外人がいるトコロ。ほんの少しだけど米軍施設の中でバイトしてた事もあって、何となくアメリカとゆートコロに予想がついてたとゆー事もある。今回そんなアメリカに、それもNYに行く気になったのは、
  • メトロポリタン博物館に行ってみたい

  • ブロードウェイのミュージカルを観たい

  • The worldに行きたい

  • の3つ。アメリカには他に観光名所がある事も知ってるけど、取り合えずヘンなネズミの総本山とかにはきょーみ無いし。

    行くと決めたものの、メトロポリタン博物館がどこにあるんだか、ブロードウェイがどの通りなんだか全く知らない。「ま、どーせ行けば観光客用の地図とかが空港にあるだろ」とか「取り合えず泊まる所と航空券と、ブロードウェイのチケット押さえりゃなんとかなる」とか、かなりいーかげん。ヨメが英語できるとゆー事もあったんだけど。通勤途中に渋谷駅で、パック旅行のパンフを貰ってきたら、この券モノ3つがセットになってるのもあったんだけど、けっこー高い。自分で押さえちゃったほーが安いよーな気がしたので、航空券はYahoo!で、ホテルはココ で、ブロードウェイのチケットはココで値段を調べてみたら、案の定いくらか安い。もぉコレでいーやと思い、予約してしまった。

    出発
    成田を午後3時頃出発する便だったので、朝はかなりゆっくり。ウチからだと水天宮まで行ってバスに乗るのが一番ラク。何で水天宮がラクかとゆーと、交通のモンダイもそーなのだけど、水天宮のTCATはチェックインも出来てしまうのだ。なんで成田でダラダラ並ばなくて済む。今回は成田でチケット受け取りだったので、メリット半減と思い京成で行ってみた。途中、佐倉の辺りに風車がぽつんとあったのだけど、アレは何だったんだろう?

    2001年の年賀状



    ヨシムラさん
    SAJ1級取得
    第1種情報処理技術者取得
    上海で「ピー」食べた
    オラクルマスタープラチナム様
    あすかさん
    SAJ2級取得
    第2種情報処理技術者取得
    エアロにますますはまる
    再就職果たし、夫婦でIT業界
    Common
    Internet常時接続になった
    今シーズンはおニューの板&ウェア

    草津温泉はとてもアツイ

    ぢつは初めて
    スキー場の近くには温泉が多い。もしかしたら反対で、温泉の近くにスキー場が多いのかも知れない。日本の場合、火山が多いから別に不思議でもなんでもないけど。関東近郊で有名な温泉とゆーと、群馬県と静岡県が強いとゆーイメージがある。中でも草津温泉は古いし有名なのはご存知のとーり。でもヨシムラさんは初めて行った。

    湯畑


    温泉街の中心にある湯畑。この下からお湯が沸いてて、湯の花を集めたりしてる。右側の写真の、長い木製の側溝みたいのにお湯が流れてて、最後に左側の写真のところに流れ込んでる。とてもちゃちぃトレビノ泉みたい(ちなみにトレビノ泉も坂の下にあって、周りに観光客がたくさん居るところは似ている)。この日は寒かったんで、かなり近づいても煙でよく見えない。別に火事でも爆発してるワケでもなく、この煙は蒸気があがってるだけ。

    湯もみショー

    コレ、有料(¥500)。期待通りに(すげー前に)おねえさん(だったバ○ァ)がわらわら出てきて、唄いながらかきまわす。ひと通り終わると今度は民謡にあわせて別のおねえさん達が踊る。最後に客にもかきまわさせて、湯もみショーはツツガナく終了する。

    湯もみの浴槽

    コレが湯もみショー専用の浴槽。別にこん中に入るワケではない。で、入るのは別のところに入ってきた。湯もみショーの中でも説明されるんだけど、草津温泉はすげーアツイ。ハンパなくアツイ。源泉は100度近くあるらしい。こーゆーアツイ温泉に入るため、湯もみとか時間浴とかが普及したそーだ。
    過去にあちぃ温泉に入った記憶とゆーと、野沢温泉と蔵王温泉があるけど、もしかするともっとアツイかも知んない。野沢温泉は確かに熱かったんだけど、お湯自体はあまりキツイのではないんで、温度に慣れさえすれば、まー入っていられる。蔵王温泉は強力な酸性なんで、多少温度が低くても、ピリピリと刺されるよーな感じがする。これに対して草津温泉は、とてもシンプルにアツイ。ヨシムラさんは風呂のアツイのはすげー弱いんで、わーわー大騒ぎしながら入った。

    温泉街

    けっこー立派な温泉街。ちゃんとストリップもある。温泉街の真ん中へんでは、温泉まんじゅう試食サービスまでやってる。お茶付きで。3回くらい往復すると「もぉいいや」となるくらいにまんじゅうくれる。でも、ガンガン配ってたのは何店かだけで、草津温泉の30kmも手前から看板出してた大きな店は配ってなかった。おっちゃんに押し付けられるようにもらったまんじゅうでもぉいいやなヨシムラさんは、向かいの店で売ってたせんべい買った。

    ついでに行った軽井沢
    前日は関越自動車道渋川伊香保ICから草津温泉に行ったんだけど、ヨシムラさんのウチからだと、上信越道の碓氷軽井沢ICから行ったほーが、一般道を走る距離は少なくて済むらしい。それは知ってたんだけど、こっちは帰りのオプションとして考えてた。実際に走った感覚で言うと、やっぱり遠い。鬼押し出しの峠道ではけっこー雪が降ってて、ノーマルタイヤではまず無理な状態だった。

    アウトレットモール


    プリンスホテルに隣接してるアウトレットモール。 店舗が並んだエリアは大きく3つに分けれれていて、ここは軽井沢プリンスホテルスキー場に近い方のイースト。こっちはNIKE、FILA、L.L.Beanといった、若者よりな店舗が多い。この日は冬物のワゴンセールをやっているところと、既に春物に入れ替えてしまったところと半々くらいだった。ウチのヨメはワゴンセールで帽子を買ってた。 残りの2つはウェスト、ニューウェストというエリアで、そっちは女の子向けな店舗が多く、連れてこられてしまったおとーさん達がヒマそーにしてた。と、言っても雑貨屋とか飲食店とか、お土産物もあるんで、ほんとーに置いてかれてしまっても、1時間くらいは遊んでられる。
    ウェストとニューウェストはつながっているんで、歩いてまわれるんだけど、こっちのイーストはかなり離れている。歩いて行けないことは無いけど、寒かったり荷物があったりすると、およそ93.881%の確率(当社比)でタクシーを止めたくなるくらいには遠い。なのに駐車場はお互い独立してるんで、車で移動すると両方で駐車料金がかかる。2時間200円と、東京だったらほとんどタダみたいな料金だけど、なんかイヤ。

    斑尾高原農場のジャム
    ウェストのほーは、斑尾高原農場の店舗がある。ここはワインとジャムを販売してたんだけど、最近はも少し商品の種類が増えた。ドレッシングとかトマトやバジルのペーストとか。ワインは普通に使われる葡萄の品種ものは大体何でもあるんで、好きなの選んで貰えばいーと思う。巨峰とかマスカットとかもある。ジャムのほーは、誰が何と言おーと黒ごまバターを買っていただきたい。ジャムぢゃねーけど。バターになってるのは黒ごま以外にも白ごまとかくるみとかもあるんだけど、ヨシムラさんは黒ごまが一番好き。名前から真っ黒のバターみたいなモノを想像するだろーけど、実際その通り。そー言っちゃ何だけど、あんまり食ってる最中にヘンな事を想像しないほーが良い。ジャムで好きなのは、グレープフルーツのママレード。グレープフルーツの苦味がけっこー残ってて、それがウマイ。