中のヒト

FB

アーカイブ

RSS

JAXA筑波宇宙センター

今日だけ一般開放されてるそーなので、バスツアーで行ってきました。

まぁイロイロ見てきましたが、やっぱりコレが一番ココロ惹かれました。

H2Aロケットのメインエンジンです。あんなにデカイものを打ち上げるのにエンジンは意外と小さいです。一番くびれている辺りが燃焼室で、その下はもぉ噴射ノズルなのでエンジンではありません。周りを配管がグルグル取り巻いていますが、上側の銀色の配管から液体水素と液体酸素を供給して、左側にあるクルマのターボチャージャーみたいなので圧縮して、下側の黒い配管を通って燃焼室に入るのだそーです。つまりココも補機類で、エンジン本体ではありません。機構としては簡単なものなので当然ですが、ワシらがココまで乗ってきた観光バスのエンジンの方が、遥かにデカイです。


こっちは2段目のエンジンです。メインエンジンより少し小ぶりですが構造は一緒のようでした。

別のブースではロケットの発射がどのくらいウルサイかをビデオで紹介していました。3kmくらい離れたところで120dbくらいなのだそーです。ま、厚木基地近くで育ったワシからしてみれば想定内でした。F-1やMotoGPの方がウルサイかも知れません。

筑波宇宙センターは、気象観測なんかに使う実用的な衛星を主に管轄しているそーで、去年打ち上げた高精度のサーモグラフィカメラを搭載している衛星も所管なのだそーです。んで、そのカメラに写ってみるとどーなるか?という体験ブースが長蛇の列になってました。よーするにこーなります。

ワシの後ろに居る2人が長い列を頑張ったヒト達で、ワシのアタマの後ろにあるのが、サーモグラフィカメラで撮った画像を見るモニターです。

ぢゃあこの写真はどーやって撮ったんだ?

コメント
jaxa裏山。
  • junk
  • 2015/04/19 11:20 AM
また来年w
  • ヨシムラさん
  • 2015/04/19 4:36 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック