中のヒト

FB

アーカイブ

RSS

じたくけいび ようかめ

あんまりにもひきこもっているぼくをみかねたのか(わら、きんじょのおともだちがのみにさそってくれました。

きのうとおとといはあすかさんのおみまいにもいかず、としょかんにいったくらいだったのでひとこともしゃべらなかったのですが、きょうはのみのじかんからぎゃくさんして、あすかさんのおみまいにもいったので、ふつかはんぶりくらいにひととしゃべりました。

ふつかはんぶりのだいいっせいは、ぶるーとぅーすのきーぼーどまでもちこんでがっつりねっとしていたあすかさんへのつっこみでした。

あすかさんのけいかはじゅんちょうだそーです。とちゅうでかんごしさんがみまわりにきて、「なにかあったらよんでください」といっていたので、「そうぞういじょうにげんきすぎるのですが。」といいそうになりました。

とよすまでもどってきて、おともだちふうふにあいました。てにれじぶくろをもっていたのですが、みたらきんじょにはいっけんしかないくすりやさんのふくろでした。そのくすりやさんは、ついみっかくらいまえにおーぷんしたばっかりの、とよすふぉれしあのなかにあって、「あ、ふぉれしあいったの?」ときいたらあたりでした。ぼくはじゅうがつからしょくばがここになります。いまでもしょくばはとなりのえきなのですが、もぉほんとにこうとうくからでられないことになります。

おともだちふうふとは、とよすえきちかくの、まえはそばやさんだったおみせにいきました。かふぇなんだかのみやなんだかよくわからないおみせで、けーきもこーひーもぽんしゅもまぐろぶつもおいています。きっしゅがおいしかったのですが、かくれいとはあいませんでした。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック